フェイント練習

フェイントの練習法

フェイントを修得するにあたっては、このような手順を踏むのが望ましいと言えます。

 

  1. 様々なボールタッチの練習を繰り返す。
  2. 相手を想定して1人でフェイント練習する。
  3. 相手をつけてフェイント練習する。

 

ボールタッチの練習メニューの中にはフェイントの動きが含まれているものもあるので、このボールタッチを繰り返すだけで、自然にフェイントができてしまうこともあります。

 

さらにフェイントをマスターするにあたっては、フェイントの種類ごとに一連の体の動かし方を覚えるようにします。これは1人で行いますが、相手を想定してマーカーコーンなどを置いてもよいでしょう。

 

ある程度動きをスムーズにできるようになったら、相手をつけて間合いやタイミングを覚えていきます。

 

フェイント練習を繰り返しても、実際の試合で使えることもあれば使えないこともあります。もちろん、実戦で使えるようになることが最も望ましいですが、その点はあまりこだわる必要はありません。

 

中学生以上となると話は別ですが、少年期のフェイント練習は、多様な体の動かし方やボールの扱いに慣れるということだけでも、十分に意味のあることだからです。むしろ実戦でも使えるフェイントが3つぐらい身につけば、練習の成果はあったと言えるでしょう。

フェイントのコツ

あらゆるフェイントに共通するコツは3点あります。

 

相手の足がギリギリ届かない間合いで

相手の意表をついてだますつもりで

抜き去る際にはトップスピードで

 

技をスムーズに行うことと同時に、この3点を意識すると実戦ではより効果的です。

フェイントの種類

サッカーのフェイントは数多くありますが、中には見せることが目的で実戦的でなかったり、難しすぎるものもありますので、ここでは、試合でも使える基本的フェイントに絞って、それぞれのやり方とコツを紹介します。

 

 

 

シザース

 

アウトサイド(小指側というと子供には分かりやすい)からボールをまたいで、逆足のアウトサイドで斜め前に押し出します。

 

足をボールの真上ではなく、ボールの周りに半円を描くように低く動かします。

 

 

 

 

ステップオーバー

 

シザースとは逆に親指側からまたいで、着地した後、またいだ足のアウトサイドで斜め前に押し出します。

 

またいだ後の足の運びが分からない子には、「またいだらトントーンしてからアウトサイドで押し出すんだよ」と言うとできるようになります。

 

 

 

 

ダブルタッチ

 

1タッチでボールを横に動かし、2タッチはもう片方の足で逆方向もしくは前方に弾くようにタッチして運びます。使う足の部分は、足裏からインサイド、インサイドからインサイドのどちらでもOK!

 

1タッチ目で大きく横に動かし、1タッチから2タッチを間髪入れずリズミカルにボールを動かします。

 

 

 

 

 

クライフターン

 

オランダの名選手ヨハン・クライフが得意としていたターン。

 

キックモーションから蹴り足をボールの外側に回りこませて、インサイドを使って軸足の後ろにボールを通し、体を進行方向へターンします。軸足でボールをガードする形になるので、相手から取られにくいというメリットがあります。

 

キックモーションを大きくとって、相手の重心を傾かせるとうまくいきます。

 

 

 

 

ボディフェイント

 

体を左右に振ることで相手の重心を一方に傾けさせて、踏み込んだ足とは逆足でボールを押し出して抜いて行きます。ボールに触らないフェイントなので、初心者にもマスターし易いです。

 

体を大きく速く動かすことがポイントです。また、ボールばかり見るのではなく、顔を上げて相手の重心をよく見て、かわせないようならもう一度フェイントをかけてもよいでしょう。

 

 

 

 

ルーレット

 

フランスのジダンが得意にしていたので、マルセイユターンとも言われています。

 

敵の前で足裏でボールを押さえ、ボールを引きながら背中側から回転します。もう一方の足裏でボールを押さえ、ボールを引きながらさらに体を回転させます。ボールをブロックしながら相手をかわすことができるので、非常に取られにくく実用的なフェイントと言えます。

 

相手との間合いとボールタッチを誤らなければ高い確率で成功するので、反復練習あるのみです。

 

 

 

 

 

エラシコ

 

ロナウジーニョの得意技。アウトサイドで軽くボールを押し出して、足がボールから離れる前にボールの外側に同じ足を滑り込ませます。そのままインサイドでボールを引っ掛けて縦に弾きます。

 

2タッチ目のインサイドでボールを戻すのが難しいので、慣れるまでは1タッチ目のアウトサイドを小さくします。また、体を沈み込ませるようにすると、踏ん張れて2タッチ目ができるようになります。