少年サッカー指導法

  このエントリーをはてなブックマークに追加

優秀な指導者に共通する5つの指導法

サッカー少年

私はもうかれこれ10年以上、少年サッカーに携わってきました。

 

数多くのサッカーチームやスクールの指導者を見てきましたが、その指導スタイルは千差万別です。

 

優秀な指導者ほど、自分に自信があるためか個性的な方が多かったように思えますが、どの指導者にも共通する特徴が5つあります。

 

スポンサーリンク

 

子供の将来を見据えている

 

目先の勝利ばかりを追求して子供の成長を考慮しない、あるいは、子供を自己顕示欲を満たすための道具として考えている指導者も、世の中には多く存在します

 

 

まったく理由を説明することなく、ただ「とにかく俺の言うことに従え」式の指導は最悪です。

 

子供は指導者に怒られないために言われたとおりにやることだけを考えるようになります。

 

 

いわゆる「プレイヤーズファースト」を理解していない指導者ですね。

 

少年サッカーは子供のためのものであり、親や指導者はあくまでもサポーターという位置づけというのが、本来あるべき姿です。

 

 

また、少年サッカーの時期は心身ともにまだ成長途上にあります。

 

今の時点で完成形を求めるのではなく、「将来大きく飛躍するために、今何をすべきか」という視点が指導者には求められます。

 

 

教えこむのではなく気づきを促す

 

指導者は子供に比べると、はるかに多くの知識をもっていますので、子供がわからないことをつい教えてしまいがちですが、そこはグッとこらえてください。

 

子供に限らず、人は自分から考えて気づいたことほど、腹の底から理解でき、身につきやすいものです。

 

「この場合、どうしたらよかったかな?」といったように子供に質問をして、自分から気づくよう促すことが理想的です。

 

 

ただし、「教え過ぎはよくない」という言葉を真に受けて、まったく教えないのもどうかと思います。

 

何も教えることなく、子供の自由にやらせるだけではサッカーになりませんし、なかなか「気づき」も生まれません。

 

 

折にふれて、子供に質問するといった「気づきを促すアプローチ」を行うことは、サッカーの指導において最低限必要です。

 

 

基本的に叱らない

 

絶対に叱ってはいけないわけではありませんが、少なくとも幼児期から小学校低学年までは基本的に叱らない方がいいでしょう。

 

実際のところ、指導者として優れているなと思えるような人の中にも、よく叱る人はいます。ただ、そこには子供との固い信頼関係がベースとして存在していました。

 

特に小さな子どもにとっては、大人は大きくて怖い存在です。そのような怖い大人を前にしたら、サッカーを楽しいと思えなくなってしまうかもしれません。

 

 

また、人は叱られると思考が停止する傾向にあり、自分の頭で考えるよりも叱られないように、大人の顔色をうかがうようになってしまいます。

 

結果として、子供が本来持っているはずのクリエイティビティーを大人が潰してしまうことになります。

 

 

指導者の個性や子供との関係性にも左右されるので、一概には言えない部分もあるのですが、叱らないで指導できるのであればその方がよいでしょう。

 

なお、例外的に、子供の命にかかわるようなことや大きな怪我につながりそうなことに関しては、その重大さを伝えるという意味でも叱ってもよいと思います。

 

スポンサーリンク

 

フィジカルよりスキル向上を目指す

 

成長期の子供に筋トレや走り込みをさせても、土台となる体ができあがっていないため、その効果は限定的です。

 

むしろ、あまりフィジカル面の強化に力を入れ過ぎると、体に過度の負担をかけてしまう危険性もあります。

 

 

少年期はとりわけ神経系の発達が目覚ましい時期ですので、サッカースキルやバランス、コーディネーションといった体の使い方を身に付けるための練習が、もっともトレーナビリティ(練習によって能力が向上する可能性)が高いのです。

 

少年期のフィジカルの強化は、スキル系の練習強度を上げることで十分に補えますので、それ単体でおこなう必要性は低いと言えます。

 

 

励ます指導を心がける

 

自己肯定感や自分に対する自信は、子供の成長と試合でのパフォーマンスに大きく影響します。

 

練習は「できないことをできるようになる」ためにやるものです。

 

とくにサッカーを始めたばかりの子供は「できないことが当たり前」と考え、どんどんチャレンジするよう励まし、どんどんミスをさせてあげましょう

 

 

「できないことをできるようになる」成功体験を積み重ねることで、サッカーに対するモチベーションは高まり、サッカーのことがどんどん楽しくなっていきます。

 

そうなれば、大人が余計な声をかけなくても、子供は自らすすんでサッカーに取り組むようになるでしょう。

 

 

※参考記事:大手サッカースクールの特色、費用、口コミ等を比較


スポンサーリンク


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

サッカー選手になるためには
サッカー少年がプロサッカー選手になるための4つの方法を紹介。そこから逆算してプロを目指すために小学生年代でやっておくべきことも解説します。
ジュニアサッカーセレクション
Jリーグ等の強豪チームのセレクションの時期、ジュニアユースのチーム選びのポイント、セレクションの具体的な内容、合格するための方法などを解説。
全日本少年サッカー大会
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
高校サッカー選手権注目選手の中学時代は?
第94回全国高校サッカー選手権2016の注目選手、中でも卒業後のJリーグ加入が内定している8人は、中学生時代にどこのチームでプレーしていたのでしょうか。その経歴を探ってみました。
足が遅い子供への指導法
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
初心者が一人でできる練習メニューを3つだけ選ぶならコレ!
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
決定力不足を解消するために!確認すべき9つの原因
サッカーの大きな課題である「決定力不足」を解消するためには、その原因を突き止める必要があります。考えられる原因を9つ紹介します。
クーバー・コーチングの評判と実感
クーバー・サッカースクールに実際に子供を通わせた経験から、良かった点、不満を感じた点、入会前のチェックポイント、おすすめする子供のタイプなどを解説。
ジンガとは?密かに注目を浴びるサッカーの練習方法
土屋健二さんが考案したジンガを紹介します。ジンガの種類や練習方法、その効果など。スーパージンガの映像も紹介します。
大手サッカースクールの特色、費用、口コミ等を比較
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
おすすめサッカー用品
サッカー上達のためのトレーニングに役立つおすすめグッズをご紹介。練習効果を高めるためには、良いツールが欠かせません。自主練習のモチベーションアップのためにも是非用意しましょう。
子供がサッカーをはじめる際に最低限必要なもの7選!
少年サッカーをはじめる時に揃えておきたいサッカー用具を7つ紹介します。これだけあればサッカーはできます。あとは、必要に応じて揃えていけばよいでしょう。
小学生サッカーバッグの選び方とおすすめ
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
サカママリュック UMBROバックパック UJS1535J【レビュー】
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
リフティングボールの効果とおすすめ
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
サッカーボール4号の選び方とおすすめ【モルテン ペレーダ4000】
サッカーボールって種類がたくさんありすぎて、どれを選んだらよいのか迷いますよね。そこで、初心者でも分かるサッカーボールの選び方のポイントとおすすめを紹介します。なお、結論から言うとモルテンのペレーダ4000の4号がおすすめです。
ジュニアサッカーシューズの選び方
キッズ向けのサッカーシューズの選び方をガイドします。スパイクとトレーニングシューズの違いと使い分け方、メリット、デメリット。マジックテープはありか?今人気のモデルは?などの疑問に答えます。
サッカー熱中症対策の帽子のおすすめは?選び方のコツ5つ
子供のサッカーに最適な熱中症対策用の帽子の選び方とおすすめキャップを紹介します。色や素材、サイズなど、サッカー用の帽子には一般的なものとは異なる注意点があります。
【少年サッカー向けDVD】初心者の練習におすすめの3選!
サッカーDVDの中でも、始めたばかりの子供が練習するのにおすすめ、初心者向けのものを3つ厳選して紹介します。簡単で楽しく練習しながら上達できる教材ばかりです。
クーバー・ボールマスタリー34【レビュー】
『クーバー・コーチング ボールマスタリー34』は子供が1人でできるサッカー練習本の定番です。試合で表れたトレーニングの成果、良かった点や足りないと思われる点など、率直な評価と感想をお伝えします。
おれ、バルサに入る!【レビュー】
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
サッカー南米流球際が強くなるスキル【レビュー】
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
リフティング&ジンガバイブル【レビュー】
「リフティング王 土屋健二のサッカー リフティング&ジンガバイブル」の感想です。

 
トップ 教材レビュー 基礎練習 ドリブル 1vs1 キック パストラップ 体の動き 足を速く