ドリブルの基本

  このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーのドリブル3つの基本

ジュニアサッカーのドリブル

ドリブルは速ければいいというものではありません。

 

大切なことは、ボールを奪われないことと、常に自分のコントロールできる状態にしておくことです。

 

 

ドリブルには、「運ぶ」「キープする」「突破する」といった目的があり、そのテクニックも多様なものがありますが、以下のように、いずれにも共通する3つの基本があります。

 

上体を起こしてルックアップ

ボールは常に足の届く範囲内に

ボールは体の中心に

 

 

それぞれを簡単に説明します。

 

スポンサーリンク

 

上体を起こしてルックアップ

 

ボールばかりを見てドリブルをしていると、周りの状況が見えないので正しい状況判断ができません。敵の位置も正確に分からないので、ボールを簡単に取られてしまいます。

 

背筋を伸ばし胸を張って上体を起こした姿勢をとり、ルックアップして(顔を上げて)周りをしっかり見るようにしましょう。

 

 

ボールは常に足の届く範囲内に

 

ドリブルする際には、常に自分のコントロールできる場所にボールを置いておくことが大切です。

 

そのためには、柔らかく細かいタッチでボールを足元から離さないようなドリブルが理想的です。

 

 

ボールは体の中心に

 

ボールを体の中心に置くことで、前後左右どちらへもすぐに方向を変えやすくなりますので、次のプレーにスムーズに移行することができます。

 

 

 

 

以上のような基本を踏まえたドリブルに関しては、こちらの動画が参考になります。


スポンサーリンク


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ドリブルテクニック
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
ドリブルの練習方法
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
ドリブルのコツ
ドリブルのコツを5つ紹介。「うまく相手をかわせない」「すぐボールを奪われてしまう」「足の部位による使い分けが分からない」という方は必見。5つのコツをマスターすることでドリブルの質が変わります。
ターンの種類
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!

 
トップ 教材レビュー 基礎練習 ドリブル 1vs1 キック パストラップ 体の動き 足を速く