決定力不足を解消するために!確認すべき9つの原因

  このエントリーをはてなブックマークに追加

決定力不足の原因9つ

決定力不足

 

サッカー日本代表を語る時、もう何年も前から「決定力不足」が枕詞のように語られてきましたが、「決定力不足」に悩んでいるのは、程度の差こそあれ、どのチームも同じなんじゃないでしょうか。

 

おそらく少年サッカーチームの中にも、「うちのチームは決定力不足なんだよなあ」なんてボヤいている監督さんは少なくないはずです。

 

 

では、決定力不足を解消するために、何をすればよいのでしょうか。

 

よくあるのが、「決定力がないのはシュートが入らないからだ」とばかりに、ひたすらシュート練習を子供たちにやらせているパターンですね。

 

これ、無駄ではありませんが、決定力不足解消には的外れな練習になってしまうこともあります。

 

なぜかというと、決定力が足りないのは必ずしも「シュートの上手さ」が原因とは限らないからなんですね。

 

 

では、なぜなかなか点が入らないのでしょうか?
その原因はおもに9つあります。

 

 

スポンサーリンク

 

どこからでもゴールを狙う意識が欠けている

 

目的は点を取ることなのに、ボールを回すことで満足してしまっているようなチームがよく見られます。

 

このようなチームは実力差がある相手には、ガンガン大量点を取るのですが、実力が拮抗した相手だと途端に決定力不足に陥ります。

 

また、「バイタルエリアに入らないとシュートは打ってはいけない」と勝手に思い込んでいるかのようなプレーをするチーム(選手)もいます。

 

どのポジションの選手であろうと、ボールを持ったときに一番最初に考えるべき選択肢はシュートです。

 

フォワードに限らず、「いつでもどこからでもゴールを狙う意識」はフィールド上にいる選手全員が常に持ち続けなければいけません。

 

 

サッカーの目的はゴールを奪うこと!

 

 

DFを外す動きができていない

 

少年サッカーでよく見られますが、目の前にDFがいるのに闇雲にシュートを打ってしまうパターンですね。

 

DFは基本的にゴールを背にしてポジションを取りますので、シュートを打つ前にDFを外してシュートコースを作らないと、DFに当たってしまいます。

 

闇雲に打つクセがあるなら、このDFを外す動きを練習する必要があるでしょう。

 

なお、必ずしもDFを「かわして抜く」必要はありません
抜かなくても、一瞬だけDFをシュートコースから外してゴールが見えた瞬間に素早く打てばよいのです。

 

 

ジャストミートしていない

 

インサイドキックもインステップキックも、当てるべき足の箇所にボールの芯を捉えるのが基本です。

 

これができていないと、狙った方向にボールは飛びませんし、威力も中途半端なので簡単にゴールキーパーにキャッチされてしまいます。

 

ジャストミートしていないことが原因なら、単純なシュート練習も効果があるでしょう。

 

 

インステップキックは足首を固定して、足の甲の中心でボールを捉える

 

 

慌ててしまう

 

これ、うちの子供たちがそうでした。

 

ゴール前、「シュートチャンス!」と意識すると、平常心を失って慌ててしまうんですね。

 

気持ちが焦っているので、ゴールの位置もろくに確認していませんし、DFがどこにいるかも分かっていません。

 

焦るあまり、ボールをしっかり芯でとらえていないことも多いので、とんでもない方向に飛んでいったりします。

 

完全にメンタルが原因です。

 

 

きれいな形にこだわりすぎる

 

日本代表の試合でもよく見られますが、ちゃんとゴール前で崩してシュートチャンスを作り出し、理想的なカタチでシュートを決めることにこだわりすぎているパターンですね。

 

実力差がある相手なら通用するかもしれませんが、拮抗した相手や格上相手だと、なかなかそのようなシュートチャンスは与えてもらえません。

 

ときには泥臭く、どんなカタチでもいいから、とにかくボールをゴールに押しこめばいいという意識が必要なケースもあります。

 

日本代表でこの泥臭さをもっとも体現しているのは、岡崎慎司選手でしょう。

 

その点、ここぞという時にしっかり得点する強豪は違う。攻撃の組み立てはセオリーに従うが、フィニッシュは形など度外視。相手の守りをこじ開け、ゴールを決める。「プレーの目的は点を取ること」という原理原則が体に染みついているのである。

 

※引用元:サッカー日本代表の「決定力不足」原因は幼少から染みついた「形」への依存?

 

 

コースを狙っていない&狙うべきコースを知らない

 

闇雲に「とりあえずゴールのある方向へ蹴っておけばいいだろう」というシュートですね。

 

これ、息子がジュニアユース上がりたての頃がそんな感じでした。
なぜかというと、ジュニアからジュニアユースに移行してすぐは、キーパーの体の大きさはさほど変わらないのに、急にゴールが大きくなるんですね。

 

なので、しっかりコースを狙わなくてもゴールめがけてドッカンと打っておけば、けっこう入ることが多かったんです。

 

ただし、それが通用するのもせいぜい1年ぐらいです。
ちゃんと狙わないクセがついてしまって、2年目からは極端にゴールの数が減ってしまいました。

 

いちおう忠告はしたんですけどねー。

 

 

もちろん、プロでも状況によってはゴールを見ずに打つこともありますが、基本的にはしっかりコースを狙って打つべきでしょう。

 

なお、ゴールの両端は誰もが知っているシュートコースですが、実は他にもこのようなコースがあります。

 

具体的には、GKの顔の横(肩口)、股の間、倒れ込んだ際の脇の下、サイドに追い込まれてから頭上を抜けてネットに収まるという、一部では「ニア・ハイ」と呼ばれるシュートである。

 

※引用元:「落ち着け」では解消しない! 日本人選手に決定力がない本当の理由

 

知っておいて損はないでしょう。

 

 

コントロールできていない(シュートの正確性)

 

打つべきコースを知っていても、コントロールできなければ思い通りのコースに打つことはできません。

 

コントロール不足は、先ほどの「ジャストミートしていない」ことも大きな原因のひとつですが、シュートフォームや軸足の置く位置に問題があるケースも少なくありません。

 

このような課題は、おもにシュート練習を通じて身につけることになるでしょう。
ただし、身体がブレて不安定なことが原因であれば体幹も鍛える必要もあります。

 

 

キーパーとの駆け引きをしていない

 

小学生でも中学年(3〜4年生)くらいまでは、ほとんど意識しなくてもテクニックがあればゴールを決められますが、高学年以上になってくると、だんだんキーパーとの駆け引きも必要になってきます。

 

狙うコースやタイミングを工夫して、いかにキーパーの意表を突いてシュートを打つかを考えられるようになると、ストライカーとして大きくステップアップできるでしょう。

 

 

ゴールまでのイメージができていない

 

行き当たりばったりでシュートを打つだけではなく、ボールがゴールに入るまでの一連のイメージをあらかじめ持てるようになると、さらにゴールの数は増えるでしょう。

 

「どのような動きでDFを置き去りにし、ファーストタッチでどこにボールを落とし、どのコースを狙ってシュートを打つのか」、といったことをイメージする力と、それを実現するスキルを併せ持っているのが、一流のストライカーと言えます。

 

 

スポンサーリンク

 


まずは決定力不足の原因をしっかり分析しましょう

 

いかがでしょうか。

 

あなたのチーム、あるいはあなたのお子さんの決定力不足の原因が見つかったでしょうか。

 

サッカーにおける決定力不足の原因は、この通り多岐にわたっています

 

決定力を上げる適切な練習をするためにも、まずは9つの原因のどれに当てはまるか、よく見直してみてください。

 

 

参考記事:シュート練習

 

 

↓元日本代表ストライカー城彰二さんによる決定力向上の秘訣はこちら↓

城彰二ゴールからの逆襲

 

「城彰二 ゴールからの逆算【レビュー】」はこちら

 

スポンサーリンク


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

サッカー選手になるためには
サッカー少年がプロサッカー選手になるための4つの方法を紹介。そこから逆算してプロを目指すために小学生年代でやっておくべきことも解説します。
少年サッカー指導法
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
ジュニアサッカーセレクション
Jリーグ等の強豪チームのセレクションの時期、ジュニアユースのチーム選びのポイント、セレクションの具体的な内容、合格するための方法などを解説。
全日本少年サッカー大会
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
高校サッカー選手権注目選手の中学時代は?
第94回全国高校サッカー選手権2016の注目選手、中でも卒業後のJリーグ加入が内定している8人は、中学生時代にどこのチームでプレーしていたのでしょうか。その経歴を探ってみました。
足が遅い子供への指導法
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
初心者が一人でできる練習メニューを3つだけ選ぶならコレ!
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
クーバー・コーチングの評判と実感
クーバー・サッカースクールに実際に子供を通わせた経験から、良かった点、不満を感じた点、入会前のチェックポイント、おすすめする子供のタイプなどを解説。
ジンガとは?密かに注目を浴びるサッカーの練習方法
土屋健二さんが考案したジンガを紹介します。ジンガの種類や練習方法、その効果など。スーパージンガの映像も紹介します。
大手サッカースクールの特色、費用、口コミ等を比較
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
おすすめサッカー用品
サッカー上達のためのトレーニングに役立つおすすめグッズをご紹介。練習効果を高めるためには、良いツールが欠かせません。自主練習のモチベーションアップのためにも是非用意しましょう。
子供がサッカーをはじめる際に最低限必要なもの7選!
少年サッカーをはじめる時に揃えておきたいサッカー用具を7つ紹介します。これだけあればサッカーはできます。あとは、必要に応じて揃えていけばよいでしょう。
小学生サッカーバッグの選び方とおすすめ
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
サカママリュック UMBROバックパック UJS1535J【レビュー】
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
リフティングボールの効果とおすすめ
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
サッカーボール4号の選び方とおすすめ【モルテン ペレーダ4000】
サッカーボールって種類がたくさんありすぎて、どれを選んだらよいのか迷いますよね。そこで、初心者でも分かるサッカーボールの選び方のポイントとおすすめを紹介します。なお、結論から言うとモルテンのペレーダ4000の4号がおすすめです。
ジュニアサッカーシューズの選び方
キッズ向けのサッカーシューズの選び方をガイドします。スパイクとトレーニングシューズの違いと使い分け方、メリット、デメリット。マジックテープはありか?今人気のモデルは?などの疑問に答えます。
サッカー熱中症対策の帽子のおすすめは?選び方のコツ5つ
子供のサッカーに最適な熱中症対策用の帽子の選び方とおすすめキャップを紹介します。色や素材、サイズなど、サッカー用の帽子には一般的なものとは異なる注意点があります。
【少年サッカー向けDVD】初心者の練習におすすめの3選!
サッカーDVDの中でも、始めたばかりの子供が練習するのにおすすめ、初心者向けのものを3つ厳選して紹介します。簡単で楽しく練習しながら上達できる教材ばかりです。
クーバー・ボールマスタリー34【レビュー】
『クーバー・コーチング ボールマスタリー34』は子供が1人でできるサッカー練習本の定番です。試合で表れたトレーニングの成果、良かった点や足りないと思われる点など、率直な評価と感想をお伝えします。
おれ、バルサに入る!【レビュー】
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
サッカー南米流球際が強くなるスキル【レビュー】
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
リフティング&ジンガバイブル【レビュー】
「リフティング王 土屋健二のサッカー リフティング&ジンガバイブル」の感想です。

 
トップ 教材レビュー 基礎練習 ドリブル 1vs1 キック パストラップ 体の動き 足を速く