城彰二が指導!クロスボールからゴールを決めるコツ(動画あり)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

クロスボールからのシュートのコツを城彰二が解説!

元サッカー日本代表ストライカー 城彰二さんが、八王子FCに突撃指導するという企画の動画です。

 

現在、城彰二さんは解説者以外にも、インテル・ミラノの日本でのサッカースクール「インテルアカデミージャパン」のテクニカルディレクターを務めるなど、指導者としての道を着々と歩んでいます。

 

今回紹介する動画では、クロスボールからのシュートのコツを、実演を交えて分かりやすく解説しています。

 

ポイントはゴールのどこを狙うべきかということなのですが、解説をよく聞いてみると、城彰二さんが非常に合理的な考え方の持ち主であることが分かるはずです。

 

じつはこの考え方は、城彰二さんのDVD「ゴールからの逆算」でも、2009年の時点で既に紹介されています。

 

元日本代表ストライカーの企業秘密のほんの一部ですが、これを知っているかどうかで決定力は大きく左右されるでしょう。

 

とくに1点を争うような試合では、勝敗を決定づけることも少なくありません。

 

記事の最後に、動画も紹介しているのでぜひご覧ください。
まずは、城彰二さんが伝えていることのエッセンスを文字起こしでお伝えします。

 

↓↓↓「城彰二 サッカー上達DVD」の詳細はこちらをクリック↓↓↓

城彰二ゴールからの逆襲

クロスからのシュートは同サイドを狙うのが基本

クロスからに対しては、同サイドというのが、本当に基本になります。

 

ヘディングもそうだし、ボレーも全部そう。

 

同サイドがクロスからシュートを打つ際に狙う場所の大原則です。

 

この同サイドの原則、実はプロでも間違える選手は多かったりします。

 

うろ覚えですが、たしか南アフリカワールドカップで、本田圭佑が絶好のチャンスでのボレーシュートを外した?(取られた?)シーンがあったのですが、その時は同サイドではなく逆サイドを狙って打っていましたね。

 

当時は「同サイドを狙っていたら違った結果になってたんじゃないかな?」と思ったものです。

左からのクロスを右足で狙う場合

けっこう、やっぱりこう左から来て、まあ左利きの人もいると思うけど、基本的に右利きの人だったら、やっぱり(足の)面で合わせる確率がすごく高いです。

 

ね、同サイドに行くと。

 

こっちのファーサイド(ゴール右スミ)狙おうとすると、アウト(サイド)だったりとか、インステップで蹴ろうとすると、ちょっと当たりどころが悪いと、すぐにボールというのは流れてしまう(枠を捉えられない)。

 

なので、確実に(足の)面でしっかり(ボールを)合わせられるよう、(ボールが)来たら、キーパー必ず(右に)動くんで、しっかりとこう(ボールを)突けば完全にゴールは決まります。

 

同サイドを狙う理由はこの2点です。

 

  1. 同サイドを狙う方が、ボールが来る方向に対して角度的に足の面が合わせやすく、より正確に捉えることができる。
  2. キーパーはボールの進行方向に動く傾向があるので、同サイドを狙うことで逆を突くことができる。

右からのクロスを右足で狙う場合

もう思いっきり(右)サイド、(ゴール)ポストの(近く)1m(範囲)ぐらいを狙って、そうするとやっぱりボールって、必ず回転するので、必ずいい方向に行くと思います。

 

※城彰二さんの蹴ったシュートが右ポストを巻くようにゴールに吸い込まれる。

 

なので、そういう狙い方をしてください。

 

右ポストを巻くような軌道を描くことで、キーパーにとっては届きにくいシュートになります。

右からのクロスをヘッドで狙う場合

ヘディングも普通に当てれば飛ぶので、来た時に当てれば飛ぶので・・・、当てればこのまま飛びます。

 

ひねったりとか、そういうことはしないように、同サイドを狙う

 

ヘディングはひねったりせず、当てることと同サイドを狙うことに集中しましょう。

右からのクロスをボレーで狙う場合

ボレーも一緒で振り切らないで、当てるというイメージだけで、しっかりとミートの確率を当てる!

 

そうするとゴールになりやすいので、ぜひ考えてやってみてください。

 

ボレーも振り切るのではなく、当てることと同サイドを狙うことがポイントです。

クロスボールからゴールを決めるには同サイド!

 

【ポイント】

基本は同サイド!状況に応じたシュートでゴールを狙おう!

 

 

う〜ん、一時期の激太りに比べるとスッキリしてきましたが、現役時代に比べるとまだふくよかかなー。

 

 

↓↓↓「城彰二 サッカー上達DVD」の詳細はこちらをクリック↓↓↓

城彰二ゴールからの逆襲

スポンサーリンク


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

おすすめサッカー教材
サッカー教材DVDの人気ランキング上位の中でも特におすすめをご紹介。各教材の内容と評価に加え、対象年齢やレベル、ポジションと、教材によって伸ばせるスキルなどを分かりやすく解説します。
JSC CHIBA 最強ドリブル塾【レビュー】
「わんばくドリブル軍団JSC CHIBA 最強ドリブル塾」を購入し、実際に試してみての感想レビューです。人気サッカー教材の内容と効果をどこよりも詳しく検証します。
「JSC CHIBA 最強ドリブル塾」を見てスタメン定着した体験談
セレビが試してみたサッカー教材の内容を紹介し、その効果がどれぐらいあったか評価してみました。ご購入を検討している方は、是非参考にしてください。
城彰二 ゴールからの逆算【レビュー】
現在はサッカー解説や指導者として活躍している、元日本代表FWの城彰二氏によるサッカー教材です。実際に購入、使用した上で、その内容と効果を検証し、独自に評価してみました。
「城彰二 ゴールからの逆算」を見てJ下部入団を果たした体験談
球技で使える瞬間的スピード走法【レビュー】
渡邉高博監修の「球技で使える瞬間的なスピード走法」を詳しく解説し徹底評価。その独自理論の実践性、子供にもできる練習方法か、価格に見合った価値ある内容かなど、辛口レビューします。
吉田康弘の究極のパス上達理論【レビュー】
「吉田康弘の究極のパス上達理論」では、賢いサッカープレーヤーになるためのヒントと具体的な練習方法が紹介されています。実際に見た上での評価と感想を悪い点も包み隠さず、詳しく紹介します。
「越智隼人のサッカー上達法」でハットトリックを決めた体験談
セレビが試してみたサッカー教材の内容を紹介し、その効果がどれぐらいあったか評価してみました。ご購入を検討している方は、是非参考にしてください。
サッカー教材体験談募集中
実際にサッカー教材を購入し、実践してみた体験談を募集します。あなたの評価・口コミ情報をお待ちしています。

 
トップ 教材レビュー 基礎練習 ドリブル 1vs1 キック パストラップ 体の動き 足を速く