ドリブルテクニック

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ドリブルの種類

ジュニアサッカーのドリブル

ドリブルテクニックというと派手なフェイントが思い浮かびますが、それはドリブルのひとつに過ぎません。

 

サッカーの試合で使われるドリブルは、その目的によって大きく3つに分けられます。

 

運ぶドリブル

キープするドリブル

突破するドリブル

 

フェイントは、この中でも「突破する」ための手段のひとつですが、ボールを運ぶことやキープすることも、サッカーではとても大切です。

 

スポンサーリンク

運ぶドリブル

ボールを自分の思ったところへドリブルで運ぶことです。突破のドリブルは主に前線の選手に必要なスキルですが、運ぶドリブルはキーパーを含めた11人全員が身につけておかなければなりません。

 

サッカーを習い始めの子供がまず修得するべきドリブルスキルです。

 

左右ともにあらゆる足の部位を使いますが、まずはインステップでまっすぐボールを運べるようになりましょう。

 

スピードアップする際にはおもに利き足のアウトサイドを使って、ボールを前に押し出しながらドリブルします。

 

 

ちなみに、メッシの場合はトータッチ(つま先)でチョンチョンとボールの真ん中を軽く突くことで、よりスピード感のあるドリブルを可能としています。

 

非常にコントロールの難しいドリブルですが、子供の頃から練習すれば使えるようになるかもしれません。

 

 

運ぶドリブルのコツはこちら

 

キープのドリブル

ディフェンダーが近くにいるポジションで、ボールを奪われないようにキープするドリブルです。足技とともに体の使い方が重要です。

 

 

腰をやや落とした状態で、ディフェンダーから遠い方の足でボールをキープし、ボールとディフェンダーの間に自分の体を入れます

 

その際に、ボールと反対側の手を伸ばしておくと、ディフェンダーがボールに近寄りにくくなると同時に敵の動きを察知するセンサーにもなります。

 

 

 

さらに、自分の頭や背中を使ってディフェンダーの視界をさえぎってボールを見えなくすると、攻撃の自由度が一気に高くなるでしょう。

 

また、キープのドリブルでは各種ターンは欠かせないスキルです。

 

 

 

なお、ターンする際には、相手が追ってくる方向と同じ方向へ、つまり相手に背中を向けるようにターンするのが基本です。

 

逆方向にターンすると、相手の正面にボールを晒してしまいますので、容易にボールを奪われてしまいます。

 

ところが、子供は自分の得意な方へターンしがちです。相手をつけたボール取りっこの練習では、苦手な方向にもターンできるよう導いてあげましょう。

 

スポンサーリンク

突破のドリブル

敵をかわして突破するためのドリブルです。「運ぶドリブル」や「キープのドリブル」と比べると難易度が高いですが、成功すれば大きなチャンスにつながります。

 

突破のドリブルにはたくさんの種類がありますが、大きく3つに分けることができます。

 

 

スピードの緩急

 

ドリブルスピードをわざとダウンさせて、相手がつられたところを一気にスピードアップして抜き去ります。

 

スピードに変化をつけることで、足が特別速くなくても抜くことができます。

 

 

フェイント

 

フェイントを使って相手の逆をとることでドリブル突破します。フェイントの種類は数多くあります。詳しくは「フェイント練習」をご覧ください。

 

 

ターン

 

急なターンで方向転換することで相手をかわします。ターンとフェイントは共通するものが多く、使い方によってはターンもドリブル突破の武器になります。

 

 

 

 

 

基本的に「突破のドリブル」は、サッカーのレベルが高くなればなるほど、使うのは難しくなります

 

小学生時代はフェイントを駆使してガンガンドリブル突破していたような子でも、中学、高校と上がるにつれて、周りのディフェンスレベル向上に伴い、なかなか抜けなくなってしまうのが一般的です。

 

裏を返せば、突破のドリブルを修得するなら、多くの成功体験を積むことができるジュニア時代が、もっとも適していると言えるでしょう。

 

 

この記事を読まれた方は、是非下記の記事も合わせて読んでみてください。

 

 

スポンサーリンク


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ドリブルの基本
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
ドリブルの練習方法
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
ドリブルのコツ
ドリブルのコツを5つ紹介。「うまく相手をかわせない」「すぐボールを奪われてしまう」「足の部位による使い分けが分からない」という方は必見。5つのコツをマスターすることでドリブルの質が変わります。
ターンの種類
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!

 
トップ 教材レビュー 基礎練習 ドリブル 1vs1 キック パストラップ 体の動き 足を速く