インステップキックの蹴り方と練習方法

  このエントリーをはてなブックマークに追加

インステップキックの蹴り方

インステップキック

インステップキックはキックの中でも最も強く遠くへボールを飛ばせます。

 

そのため、ミドルシュートやロングパス、ディフェンスの際の大きなクリアなどでよく使われます。

 

 

高校年代からプロでは、インサイドキックの次に試合中に使われる機会の多いキックですが、小学生年代ではもっとも多用され、その比率は5割以上とも言われています。

 

ちなみに、どの年代でもインステップキックとインサイドキックが試合中に使われる比率は約9割を占めています。

 

 

インステップキックの蹴り方ですが、足首をまっすぐ伸ばした状態でしっかりと固めて、足の甲でボールの中心を捉えて蹴ります

 

 

走るフォームに近く、体の自然な動きから無理なく打てるので、ボールにパワーを伝えやすいという特性があります。

 

 

ただし、インサイドキックに比べるとボールに当たる面積が狭い分、インパクトの瞬間に当たりが少しでもずれると、ボールは狙った方向から大きく外れた所へ飛んでしまいます。

 

そのため、ワールドカップレベルでもインサイドキックのパス成功率が約9割に対し、インステップキックでは5割ほどしかないというデータもあります。

 

 

体全体の動きが大きいぶん、軸がブレやすいので体幹の強さも必要になります。

 

 

このようにコントロールが難しい面はありますが、インステップキックは歩きや走りと体や足の向きが同じなので、小さな子供でも自然な感覚で身につけやすく、最初に覚えるキックとしておすすめです。

 

スポンサーリンク

インステップキックのコツ

インステップキックのコツ

 

正確なインステップキックを蹴るには、いくつかのポイントがあります。

 

これらのポイントを意識して練習するとよいでしょう。

 

 

助走は斜め後ろから

 

まっすぐ後ろからよりも、45度くらい斜めから入ったほうがバランスよく自然なフォームで蹴ることができます。

 

斜めの角度は個人差があるので、自分の入りやすい角度でよいでしょう。

 

 

軸足はボールの横に

 

軸足をボールの横にしっかりと踏み込みます。

 

軸足とボールとの距離は自分の蹴りやすい間隔で少しだけあけましょう。

 

 

軸足の向きは目標に向ける

 

キックの目標に向けて、まっすぐ軸足を向けることで、ボールの飛ぶ方向をコントロールしやすくなります。

 

 

軸足側の手を上げてバランスをとる

 

蹴り足と対角線上にある軸足側の手を上げることで、全身のバランスがとれ体勢を崩さずに蹴ることができます。

 

 

足首を伸ばした状態で固める

 

足首がぷらんぷらんしていると、ボールに力が伝わらず、飛ぶ方向も定まりません。

 

つま先を下にむけて、足首を伸ばした状態でしっかりと固めます。

 

 

足の甲でボールの中心をける

 

ボールを当てる面は、足の指と足の甲の骨の間くらいです。

 

足の甲でボールの中心を「押す」のではなく、「叩く」感覚で蹴ります。

 

 

まっすぐ足を振りぬく

 

ボールを当てた後は、フォロースルーまでまっすぐ足を振りぬきます。

 

スポンサーリンク

インステップキックの練習方法

インステップキックの初歩的な練習方法としては、以下のようなものがあります。

 

 

リフティングの要領でインステップで蹴りあげる

 

リフティングの要領で、ボールを手から落としインステップで蹴り上げます。ボールが落ちてくるまでの間に両手でパチパチ叩き、ボールをキャッチしましょう。

 

手を叩く回数は徐々に増やして難易度をあげていくようにします。ゲーム感覚で楽しみながら、しっかりとインステップでボールを捉える練習になります。

 

また、ボールを回転させないことを意識すると、より効果的です。

 

 

マーカーの上にボールを置いてインステップキック

 

マーカーコーンの上にボールを置くと、地面をつま先で蹴る心配もなく簡単にボールを蹴ることができます。

 

初心者の子供が、地面にあるボールをしっかりインステップで捉える感覚を身につけるのに役立ちます。

 

 

 

交互にインステップパス

 

親子で3メートルほど距離をとり、お互いに手からボールを落とし、インステップで相手の胸元めがけてパスします。

 

浮き球をタイミングよくインステップで捉える感覚が身につきます。

 

 

難しいようなら、はじめのうちはワンバウンドさせてからでもいいでしょう。

 

パスされた方は、同じようにインステップでパスします。慣れてきたら、どんどん距離を長くしていきます。

 

 

また、適当な壁があれば1人で練習することもできるでしょう。

 

 

 

このような練習で、まずはインステップでボールの中心を捉えることに慣れると、その後の上達も早いでしょう。

 

 

インステップキックの基本ができるようになったら、「キック力の5ポイント」を押さえて、さらにレベルアップを目指しましょう。

 

 

スポンサーリンク


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

サッカーキックの種類
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
キック力の7ポイント
キック力を生み出す7つのコツを紹介。全身の部位をタイミングよく連動させてボールに全体重を乗せることで、体の小さな子供でもパワフルなキックが可能になります。
シュート練習
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!

 
トップ 教材レビュー 基礎練習 ドリブル 1vs1 キック パストラップ 体の動き 足を速く