キック力の7ポイント

  このエントリーをはてなブックマークに追加

キック力を生み出す7つのポイント

キック力

 

キック力をつけるというと、つい短絡的に足の筋肉をつけると考えてしまいがちですが、そうではありません。

 

全身の体の部位を絶妙なタイミングで連動させ、ボールに体重を乗せることで、強力なキックが生まれます。

 

 

なお、強いキックを蹴るのはシュートやロングキックのシーンが多いですが、基本的にはインステップキックを使います。

 

インステップキックのコツを踏まえた上で、さらに以下7つのポイントを意識するとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

勢いよく助走する

 

助走を速く、その勢いをそのままにしっかりと軸足を踏み込んでボールにパワーを伝えます。

 

 

上体はリラックス

 

体が必要以上に力んでいると、動きがぎこちなくなって、かえってボールの威力が落ちてしまいます。

 

力を込めるのはインパクトの瞬間だけという感覚が肝心です。

 

 

軸足を大きく踏み込む

 

軸足を力強く大きく踏み込むことで、蹴り足の振り幅が大きくなり、よりパワフルなキックができるようになります。

 

 

軸足側の腕を大きく広げる

 

踏み込みの際に胸を張って軸足側の腕を大きく広げ、蹴ると同時に勢いよく振りおろし、動的なバランスを保ちます。

 

一連の腕の動きによって、フォームが安定し腰のひねりがダイナミックになり、より大きな力がボールに伝わります。

 

 

ヒザから下を鋭く振りぬく

 

足のつけ根から大きく振ってスピードをつけ、さらにヒザ下を鋭く振りぬきます。

 

この一連の動きを「二重振り子」といい、「二重振り子」をスムーズに行えるようになれば、より強い力がボールに伝わります。

 

 

フォロースルーを大きく

 

足を最後まで振り切り、蹴り足が遠くに着地するよう心がけると自然とフォロースルーも大きくなります。

 

反対に、フォロースルーがすぐ止まってしまうようなキックは、アクセルとブレーキを同時にかけているようなものなので、100%の力がボールに伝わりません。

 

蹴った後に自然に体全体が前方に浮くようなら、余計なブレーキがかかっていない証拠です。

 

 

蹴った後に上体をかぶせる

 

シュートの際にボールをフカさないように、蹴りおわった後、腕を使って上体をかぶせるような形にします。

 

ボールが浮くのを抑え、低い弾道の速いシュートになります。

 

スポンサーリンク

ロングキックの場合

ロングキック

 

上記のコツはシュートを想定していますが、ロングキックの場合は「ポイント7」のみ異なります。

 

上体をかぶせることで低い弾道のキック蹴ることが可能になりますが、ロングキックの場合は上体をやや起こしぎみにして蹴ります。

 

シュートより上向きに蹴ることで、より飛距離を伸ばすことができるわけです。

 

 

この記事を読まれた方は、是非下記の記事も合わせて読んでみてください。


サッカー教材人気ランキング

JSC千葉監督 川島和彦

足の遅い子供でも、体の小さい子供でもDF突破率を高める「5ステップ・ドリブル上達法」。ドリブラー育成のエキスパート川島和彦氏による、天才ドリブラー育成教材です。

詳細レビューを見る


城彰二

元日本代表ストライカーの城彰二氏が、プロならではの秘密の裏ノウハウを惜しげもなく公開!「ゴールからの逆算」は必見!秘密テクで決定力抜群のエースストライカーを目指せ!

詳細レビューを見る


越智隼人

元Jリーガーで、現在は「S.F.C.ジェラーレ」コーチを務める越智隼人氏による初心者向けサッカー教材。サッカーが上手くなるための「1人でできる」もしくは「親子でできる」自主練習のやり方を、分かりやすく解説しています。

 

サッカー教材の解説記事を読む

スポンサーリンク


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

サッカーキックの種類
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
インステップキック
インステップキックの蹴り方と試合での使い方の解説。幼児から小学生でもできる簡単で効果的な練習方法を動画付きで紹介します。
シュート練習
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!

 
トップ 教材レビュー 基礎練習 ドリブル 1vs1 キック パストラップ 体の動き 足を速く