ターンの種類

  このエントリーをはてなブックマークに追加

実用的なテクニック

サッカーのドリブル中に急な方向転換をするにはターンのテクニックが必要です。

 

ターンはさほど派手なものではありませんが、方向転換だけでなくマークしてきた相手をかわして置き去りにすることもできます

 

しかも、フェイント技ほど難しくありませんので、非常に実用的なテクニックと言えます。

 

是非、サッカーを始めたばかりの子どもにもマスターしてもらいたいテクニックですね。

 

スポンサーリンク

おもなターンの種類

ターンの中でも代表的な種類を動画を交えて紹介します。練習は一人でもできるので、動画を見て自分でも実践してみましょう。

 

 

インサイドターン

 

インサイドを使ってターンします。もっとも基本的なターンですが、慣れてきたらターンの角度を色々な方向に変えて練習してみましょう。

 

 

 

アウトサイドターン

 

ボールを奪おうとする相手とボールの間に自分の体を入れることができるので、よりキープしやすいターンです。

 

 

 

足裏ターン

 

足裏を使うので、ボールを正確にコントロールしやすいターンです。

 

 

 

軸足後ろターン

 

前方から来た相手に対して、自分の体と軸足でボールをガードすることができます。

 

 

スポンサーリンク

 

クライフターン

 

軸足の後ろをインサイドで逆足方向にターンします。キックフェイントを組み合わせるとより効果的です。

 

 

 

ルーレット(マルセイユターン)

 

フランス代表の名選手ジダンが特異としたターンです。方向転換のためのターンというよりフェイントとして使われることの方が多い。

 

 

 

シザースターン

 

シザースを入れてからターンします。方向転換と相手をかわすことを同時におこなう際に使います。

 

 

 

この記事を読まれた方は、是非下記の記事も合わせて読んでみてください。

 

 

スポンサーリンク


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ドリブルの基本
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
ドリブルテクニック
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
ドリブルの練習方法
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
ドリブルのコツ
ドリブルのコツを5つ紹介。「うまく相手をかわせない」「すぐボールを奪われてしまう」「足の部位による使い分けが分からない」という方は必見。5つのコツをマスターすることでドリブルの質が変わります。

 
トップ 教材レビュー 基礎練習 ドリブル 1vs1 キック パストラップ 体の動き 足を速く