リフティング

  このエントリーをはてなブックマークに追加

リフティングの効果

リフティング

サッカーの基本的な練習方法として欠かせないのが、このリフティングですが、実際の試合で10回も20回もリフティングすることなんてありませんよね。

 

では、なぜリフティングを練習するのでしょうか?

 

 

サッカーの試合における、リフティング練習の効果としては以下5点が挙げられます。

 

  • ボールを思い通りにコントロールできるようになる。
  • ボールを自分の体の部位に思い通りにミートさせられるようになる。
  • 様々な回転のボールをトラップできるようになる。
  • ボールの蹴る場所によってどんなキックになるかが体感できる。
  • 片足でバランスを取りながら、もう片足を自由に動かせるようになる。

 

 

私も数多くのサッカー少年を見てきましたが、実際のところ、リフティングの上手な子供は、サッカーも上手な場合が圧倒的に多かったです。

 

中学生以降になると、また事情は変わってきますが、小学生年代においてはリフティングの上手さとサッカーの上手さはほぼ比例していると言ってもよいでしょう。

 

スポンサーリンク

リフティングのコツ

リフティングは特別な筋力や持久力を必要としない「神経系」のトレーニングなので、幼児から大人まで修得することは可能です。

 

いえ、むしろ子供のほうが神経系の発達が著しい時期ですので、より簡単にマスターできるかもしれません。

 

 

リフティングをマスターするコツは7つあります。

 

  • ボールをミートの瞬間までよく見る。
  • ボールの真ん中に当てるよう心がける。
  • ボールを高く蹴りすぎない。
  • ボールをできるだけ真上に上げる。
  • 腕でバランスをとる。
  • 上体を起こす(曲げすぎない)。
  • とにかく回数をこなして体で覚える。

 

実はこのコツの中で、もっとも重要なのは「とにかく回数をこなして体で覚える。」です。

 

ようはコツを悩むより、「質より量」と割りきってたくさん練習すれば、自転車のように誰でも一定レベルまではマスターできるものなのです。

 

※いわゆるフリースタイルのようなアクロバティックなリフティングとなると話は別です。

 

 

なお、1週間に1回だけ70分間みっちりとリフティング練習をするよりも、10分ずつでも毎日練習したほうが上達します。短時間でも毎日継続することが上達の早道なのです。

 

リフティングの技と練習方法

リフティング練習はむやみやたらに回数を増やしても、あまり意味がありません。回数にこだわり過ぎると、リフティング以外の練習時間が減ってしまいますので要注意です。

 

どんな部位でリフティングするにしても50回連続してできるようになったら十分ですので、すぐ次のステップに移った方がよいでしょう。

 

 

また、サッカーボールでのリフティングが簡単にできるようになったら、より難しいリフティングボールにチャレンジしてみましょう。

 

 

ステップ1:インステップのワンバウンドリフティング

 

ボールを地面に落としてバウンドしたところをインステップ(足の甲)で蹴り上げ、落ちてきたボールが地面に当たってバウンドしたところをまた蹴りあげるのが「ワンバウンドリフティング」です。

 

リフティングをやったことのない子供は、まずワンバウンドリフティングから始めるとよいでしょう。右足だけ、左足だけ、左右交互と行い、すべて連続50回を目標にします。

 

 

 

ステップ2:ノーバウンドのインステップリフティング

 

ワンバウンドリフティングをマスターしたら、今度はノーバウンドのインステップリフティングに挑戦します。最初のうちは2回連続を目標に、徐々に目標回数を増やしていきます。

 

右足だけ、左足だけ、左右交互と行い、すべて連続50回達成したらクリアです。

 

 

なお、最初は手からボールを離してもよいですが、慣れてきたら手を使わずにはじめめから足だけでボールを地面から上げるようにしましょう。

 

 

また、インステップではなくつま先や足首にボールを当てているようでしたら、おそらく足首に力が入って曲げすぎてしまっていることが原因です。

 

その場合は、足の指をグーにするよう心がけると、足首をまっすぐにしやすくなるのでおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

 

ステップ3:他の部位(インサイド、アウトサイド、もも、ヘッド)でリフティング

 

インステップ以外の体の部位でもリフティングできるようにしましょう。

 

  • インサイド、ももは右、左、左右交互すべて連続50回を目標に
  • アウトサイドは右、左のみ連続50回。左右交互は難しいので今はパスしてOK
  • ヘッドでは連続50回を目標に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステップ4:歩きリフティング

 

少しずつ距離を伸ばして30mできればOK。インステップから始めて、他の部位でもできるように頑張りましょう。

 

 

 

ステップ5:ジグザグコーンで歩きリフティング

 

マーカーコーンを直線上に5個以上並べて、ジグザグに歩きリフティングをします。インステップから始めて、他の部位でもできるように頑張りましょう。アウトサイドやヘッドは難しいですよ。

 

 

なお、これ以降のステップは、少年サッカーのレベルではないので割愛します。

 

 

この記事を読まれた方は、是非下記の記事も合わせて読んでみてください。

 

 

サッカー教材人気ランキング

JSC千葉監督 川島和彦

足の遅い子供でも、体の小さい子供でもDF突破率を高める「5ステップ・ドリブル上達法」。ドリブラー育成のエキスパート川島和彦氏による、天才ドリブラー育成教材です。

詳細レビューを見る


城彰二

元日本代表ストライカーの城彰二氏が、プロならではの秘密の裏ノウハウを惜しげもなく公開!「ゴールからの逆算」は必見!秘密テクで決定力抜群のエースストライカーを目指せ!

詳細レビューを見る


越智隼人

元Jリーガーで、現在は「S.F.C.ジェラーレ」コーチを務める越智隼人氏による初心者向けサッカー教材。サッカーが上手くなるための「1人でできる」もしくは「親子でできる」自主練習のやり方を、分かりやすく解説しています。

 

サッカー教材の解説記事を読む

スポンサーリンク


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ボールタッチ基本
ボールタッチを上手に行うためのコツと、基本的なボールタッチの種類や練習方法を動画を交えて紹介します。ボールを足で触ることに慣れ、サッカーに必要な足でのボールコントロール感覚を養えます。
ボールタッチ応用
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!
幼児向けサッカー練習メニュー
子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう!

 
トップ 教材レビュー 基礎練習 ドリブル 1vs1 キック パストラップ 体の動き 足を速く